市民のいのちを大切にする政治に全力を!さいたま市議会議員 小川ひさし

小川ひさし

政策・政治信条

「市民のいのちを大切にする政治に全力を尽くします」

〜いのちのバトンをつなげるために3つの柱(政策)の実現に取り組みます〜
「がん対策」「自殺対策」「予防接種対策」
「年間三十万人のがん死亡者、三万人を超える自殺者の命が一人でも多く救われるように取り組みます」

がん対策 〜「がんになっても最期まで安心して暮らすことができるまちづくり」〜

日本では一生のうちに2人に1人ががんになり、3人に1人ががんによって亡くなります。 2007年4月に「がん対策基本法」が施行され、「がん対策推進基本計画」が策定されました。
がん患者が抱える「からだの痛み」「こころの痛み」「経済的な痛み」をやわらげるためにがん対策を充実させなければなりません。

自殺対策 〜「自殺のないまちづくり」〜

日本の自殺者が急増を始めたのは1998年のことです。前年比で8000人も増加し、初めて3万人を突破しました。以来13年連続して3万人を突破しています。
さいたま市においても、年間200人を超える方が自殺により尊い命を失うという憂慮すべき状況です。 2006年に成立した自殺対策基本法。この法の目的は「自殺の防止を図ること」「自殺者の親族等に対する支援の充実を図ること」「国民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現に寄与すること」だと謳っています。 自殺のない地域づくり、社会づくりという視点が重要です。

予防接種対策「安心のできる予防接種事業のために」

予防接種事業において安全な実施と副反応情報の収集、健康被害者への対応は、市町村の大きな役割です。 予防接種の意義、必要性、副反応、健康被害救済制度などの市民が安心できるワクチン接種を実施するためには、情報の提供と公開が重要です。 また、健康被害救済制度の適切な運用が求められています。

「一人一人が支え合える地域、助け合える地域づくりに取り組みます」

高齢社会対策「子供と離れて暮らしている父、母の安心は地域で守ります」

子どもを育て・守る体制をつくります。