市民のいのちを大切にする政治に全力を!さいたま市議会議員 小川ひさし

小川ひさし

ご挨拶

「僕も、大きくなったら西川きよしさんみたいになりたいな〜」
今から40年前。小学校2年生の小川ひさしがテレビの前でつぶやいた一言。 それから10年後、西川きよしさんに弟子入りし4年6カ月間の内弟子修業。 「西川ひさし」として吉本興行「うめだ花月」で22歳の初舞台。
そのまた1年後、参議院議員となった師匠の西川きよしさんより議員秘書になることをすすめられました。
「師匠の仕事の手伝いは、なんでもさせてもらいます。でも、秘書になるなんてことは、僕には無理です。」
「日本全国には、いろんなところでいろんなことで困っている人がたくさんいらっしゃる。俺と一緒に少しでもお役に立てるようにがんばれへんか?」 何度も何度も、投げかけられた師匠の言葉。
「小学生の頃より、憧れ続けてきた師匠からそこまで言って頂いて・・・。1年間だけ、やらせてもらいます。でも、1年やって無理であれば大阪へ帰ります。」

この日から、私の政治への道のりが始まりました。
「ここにも・・・」「あそこにも・・・」「国の法律や制度に救いを求めている人がたくさんいらっしゃる」 「こんなにも苦しんでいる。悲しんでいる人たちが・・・・」
「どうすれば、この人たちの苦しみや悲しみはやわらぐのだろうか・・」
「法律や制度を変えなければ・・・」その思いで秘書として24年間歩んでまいりました。 「弱い立場にある人、小さな声、声なき声に耳を傾けることこそが政治の役割」であることを学びました。 「市民の声なき声」にしっかりと耳を傾けて、大きく市政に反映させていくことこそが私の今後の歩みの中での責任であります。
その責任を果たすために全力をつくしてまいります。
何卒、市民の皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

さいたま市議会議員
小川ひさし